世界に誇れる!日本を代表するお祭り4つ

ここ日本では、お祭りがとても盛んで、完全に人々はお祭りの虜になっています。冬祭りから桜まつり、宗教的・精神的な祝日から収穫祝い、芸術、美食、文化的イベントからコンピュータゲーム、ロールプレイ、アニメまで、日本にはこれらすべてにまつわるカーニバルやお祭りがあります。

基本的に、日本で大事にされているモノや人気のあるモノにまつわるお祭りが行われ、その対象のモノにちなんで名称をつけられることが多い傾向があります。その結果、「〇〇祭り」と呼ばれるフェスティバルが年中各地で催されています。

しかし、どれが代表的なもので、どうやって調べたら良いのでしょうか?この特集では、日本各地のお祭りを4つだけに厳選し、それぞれの特徴をご紹介します。では早速、見てみましょう!

神田祭

東京の神田祭は、日本最大級のイベントの一つで、かなり高い人気を誇ります。このお祭りは、江戸時代を良く再現しているものとしても認識されています。隔年で5月15日前後にしか開催されないため、次回は2021年5月です。神田明神の三神、10世紀の支配者を神格化した「平将門」、漁業と運気を司る「恵比寿」、七福神の一人「大黒天」の3神を祀ります。

桜まつり(桜の花のフェスティバル)

ここ日本は桜の名所として世界的に知られていて、毎年春になると何百万人もの観光客が桜を見にやってきます。 花見は、数週間で散ってしまう桜の花に象徴される、自然のはかなさを楽しむ日本の伝統的な行事で、公園でのピクニックや独特のイベント、お祭りなど日本各地で様々なイベントが開催されます。東京の上野公園、姫路城内の庭園、吉野山、富士五湖などが有名です。

阿波踊り

阿波踊りは、とても活気があり、人気のあるお祭りです。元々は、戻ってきた祖先の霊を祀ったのが起源だとか…。数百もある「連」の踊り手がお祭りの期間中、徳島市中心部で競演し、楽しく華やかな雰囲気を演出します。踊り手は男性と女性で、特徴的な麦の編笠を被り、夏用の木綿の浴衣を着て、非常に華やかな光景を生み出し、100万人超の観客を魅了します。ちなみに、徳島は、日本列島4島で最も小さい四国にあり、JRのジャパンレールパスで行くことができます。

相馬野馬追

相馬野馬追は、3日間にわたる武芸と馬術の祭典で、毎年7月に本州東北部で開催されます。なんと1000年を超える歴史があり、非常に壮大で他に類を見ない祭典です。相馬へのアクセスは、JR東北新幹線に乗り仙台へ行き、そこからJRパスでJR常磐線に乗り換えると到着します。